スポンサード リンク



超音波を用いた最先端の治療法

超音波法とは、わきが治療手術の手法の一つであり、簡単に言えば超音波メスと吸引手術を組み合わせたものとなります。

 

具体的な手順としては、脇の一部を挿入口として数ミリから1センチ程度切開し、そこから超音波を発生させるプローブを挿入し、皮下組織のアポクリン腺周辺に潜り込ませます。そこで超音波による振動を与えてアポクリン腺と汗腺を破壊し、そのまま連結されている吸引管により汗腺組織を吸引除去するというものです。

 

手法としてはレーザーサクション法の仲間と言えますが、レーザーではなく超音波を用いることによる違いがちゃんと存在します。超音波による組織破壊は、硬い組織ほど影響を受けやすく軟組織ほど影響を受けにくいという性質があります。

 

ここで問題になるアポクリン腺や汗腺は、皮下組織の中では比較的「硬い組織」に入り、この超音波による破壊を受けやすいのです。一方で血管や皮膚自体は柔軟であるため、超音波で簡単にはダメージを受けません。

 

この組み合わせによって、汗腺やアポクリン腺にはしっかりダメージを与えて吸引できるのに対して、周辺組織にはダメージを残しにくいという利点が発生します。

 

ちなみに、毛穴と毛乳頭も軟組織に入りますので超音波による影響を受けづらい組織です。よって、超音波法で脱毛も一緒にやるというのは難しくなります。逆に言えば毛を残せるということでもあります。

 

脱毛も兼ねたい場合はレーザーサクション法、毛を保存したい場合は超音波法と使い分けるのが適切といえるでしょう。

 

スポンサード リンク

汗腺にだけダメージを与える超音波法関連エントリー

わきがの根本治療ならやっぱり手術?
わきがの根本治療ならやはり手術を選択するべきでしょう。最近では技術の進歩により、傷口が目立たず、痛みや副作用が少ない方法が開発されるようになりました。
医師のテクニックが要求される剪除法
剪除法はアポクリン腺を目視しながら、メスで切除していく手術です。医師の技術によって、傷口の残り方に大きな違いがあります。時間もかかってしまうのが欠点です。
次に登場した皮下組織削除法
皮下組織削除法では、アポクリン汗腺だけでなく、エクリン汗腺や皮脂腺を除去することができます。ただし、手術痕が黒ずんでしまうという欠点もあります。
脂肪吸引技術から派生した皮下組織吸引法
わきがの手術法である「皮下組織吸引法」は、切除範囲が小さく、傷跡がほとんど残らないというメリットがあります。回復も早く、入院の必要もありません。
高い効果が期待できるレーザーサクション法
レーザーを使用したわきが手術法が人気です。回復が早く、傷跡がほとんど残りません。その反面、手術費用がやや高く、導入している医院も多くはありません。
確実性が高いハイブリッドシェーバー法
傷跡が非常に小さく、術後の回復が早い手術がハイブリッドシェーバー法です。再発や術後の合併症の心配もないので、注目されています。