スポンサード リンク



脂肪吸引技術から派生した皮下組織吸引法

皮下組織吸引法は、皮膚や周辺組織へのダメージを抑えつつ、わきが治療を行う手法として用いられている手術法の一つです。美容外科クリニックで採用されています。

 

手法としては、脇の下に数ミリの穴を開け、そこから吸引管を挿入、皮下組織ごとアポクリン腺やエクリン腺を吸引除去しようという手法です。元々は脂肪吸引の手法を流用したもので、器具も脂肪吸引の器具がそのまま利用されることが多いようです。

 

皮下組織吸引法のメリットとしては、切開範囲が小さいので手術痕が目立たない、回復が早い、手術自体も短時間で終わるというものがあります。皮膚に与えるダメージも小さいので、大きな色素沈着を引き起こす危険性も低く抑えられます。脂肪吸引の器具を流用できるので費用的にも抑えられることが多いです。

 

しかし一方で、あくまで脂肪吸引用に調整された器具で行いますので、アポクリン腺を確実に吸引することができず、効果が出ない場合も珍しくないというデメリットもあります。このため、この皮下組織吸引法を行う医院が減っており、大体はより効果を上げたレーザーサクション法や超音波法などを行うようになっています。

 

ただ、手軽さやリスクの低さ、費用の低さは健在なので、「そこまで確実じゃなくても良いから、気軽にわきがを改善したい・とりあえず試してみよう」という人が行うぶんには適した治療法といえるかもしれません。体質によってはしっかり効果が出る可能性もあるため、その場合は費用対効果が高いといえるでしょう。

 

スポンサード リンク

脂肪吸引技術から派生した皮下組織吸引法関連エントリー

わきがの根本治療ならやっぱり手術?
わきがの根本治療ならやはり手術を選択するべきでしょう。最近では技術の進歩により、傷口が目立たず、痛みや副作用が少ない方法が開発されるようになりました。
医師のテクニックが要求される剪除法
剪除法はアポクリン腺を目視しながら、メスで切除していく手術です。医師の技術によって、傷口の残り方に大きな違いがあります。時間もかかってしまうのが欠点です。
次に登場した皮下組織削除法
皮下組織削除法では、アポクリン汗腺だけでなく、エクリン汗腺や皮脂腺を除去することができます。ただし、手術痕が黒ずんでしまうという欠点もあります。
高い効果が期待できるレーザーサクション法
レーザーを使用したわきが手術法が人気です。回復が早く、傷跡がほとんど残りません。その反面、手術費用がやや高く、導入している医院も多くはありません。
汗腺にだけダメージを与える超音波法
最新のわきが治療として人気があるのが超音波法です。超音波は汗腺やアポクリン腺にのみダメージを与えて、周辺組織にはダメージを残しにくいメリットがあります。
確実性が高いハイブリッドシェーバー法
傷跡が非常に小さく、術後の回復が早い手術がハイブリッドシェーバー法です。再発や術後の合併症の心配もないので、注目されています。