スポンサード リンク



次に登場した皮下組織削除法

剪除法の次に登場したのが、皮下組織削除法という手術法です。手法としては脇の下に何箇所か1〜4センチほどの切開を行い、そこから専用器具を挿入して周辺皮下組織を削り取ることでアポクリン腺と汗腺を除去する手法です。

 

専用器具はローラーとカミソリがセットになったハサミのような形状の器具であり、皮膚表面をローラーで抑えながら、皮膚裏側ではカミソリが皮下組織を削っていくという仕組みです。

 

これにより非常に薄いレベルにまで皮下組織を削ることができます。ただ、あまりに薄く削ると皮膚を破いてしまったり色素沈着が激しくなったりするので、微細な調節が必要になります。

 

この皮下組織削除法は、幾つかの手法の中でもかなり剪除法に近い物理的な除去法であるため、効果が確実に出やすいという利点を持っています。

 

その一方で、専用器具を使うといっても医師の手技による部分が多く、医師の技術によって出来上がりがかなり変わってくるという部分も持っています。また、切開する皮膚の大きさは小さくなく、剪除法ほど大きな手術痕は残りませんが、やはりある程度の手術痕が残ることは認識すべきです。

 

加えて医師の技術によっては色素沈着が強く起こる可能性もあります。やり方によっては大きい切開を一箇所にするパターンと、小さな切開を複数行うパターンとがあるようです。事前に医師としっかり相談を行うべきでしょう。

 

なお、剪除法と異なり皮下組織削除法は保険適用外となります。治療費用の面でも事前に医師との綿密な打ち合わせをしておいたほうが良いでしょう。

 

スポンサード リンク

次に登場した皮下組織削除法関連エントリー

わきがの根本治療ならやっぱり手術?
わきがの根本治療ならやはり手術を選択するべきでしょう。最近では技術の進歩により、傷口が目立たず、痛みや副作用が少ない方法が開発されるようになりました。
医師のテクニックが要求される剪除法
剪除法はアポクリン腺を目視しながら、メスで切除していく手術です。医師の技術によって、傷口の残り方に大きな違いがあります。時間もかかってしまうのが欠点です。
脂肪吸引技術から派生した皮下組織吸引法
わきがの手術法である「皮下組織吸引法」は、切除範囲が小さく、傷跡がほとんど残らないというメリットがあります。回復も早く、入院の必要もありません。
高い効果が期待できるレーザーサクション法
レーザーを使用したわきが手術法が人気です。回復が早く、傷跡がほとんど残りません。その反面、手術費用がやや高く、導入している医院も多くはありません。
汗腺にだけダメージを与える超音波法
最新のわきが治療として人気があるのが超音波法です。超音波は汗腺やアポクリン腺にのみダメージを与えて、周辺組織にはダメージを残しにくいメリットがあります。
確実性が高いハイブリッドシェーバー法
傷跡が非常に小さく、術後の回復が早い手術がハイブリッドシェーバー法です。再発や術後の合併症の心配もないので、注目されています。