スポンサード リンク



医師の技術によって傷口の大きさに差が出る剪除法

わきが治療手術のうち、最も確実に効果が期待できる反面、最もダメージが大きくなりやすいのが剪除法です。手法としては脇の中央をシワにそって5センチほど切開、皮膚を裏返してアポクリン腺を目視確認しながらメスやはさみで切除していくというものになります。

 

皮膚を切り開いて直接確認しながら切除を行いますので、アポクリン腺の取り残しということが非常に発生しにくいという大きなメリットがあります。個人差で効果が出ないということも無く、手術を行えばほぼ確実にわきがを治療することが可能です。

 

ただし、脇の下4〜5センチの切開というのは決して小さい範囲ではないため、どうしても手術後に手術痕が残るのを避ける事はできないようです。また、その範囲の皮膚には大きなダメージを与えますので、防衛反応として色素沈着なども起きやすくなります。

 

この辺りの手術後のダメージ残留は、執刀をした医師の技術によって大きく変わってきます。さすがに真っ当な医師であればアポクリン腺を取り残すということは無いでしょうが、術後の手術痕の状態や色素沈着の度合い、痛みなどは医師の手技に大きく依存する分、かなり当たり外れがありうることを覚悟するべきでしょう。機械式に比べると、医師によって質にバラつきが出やすいのも注意点といえるでしょう。

 

なお、剪除法はわきが治療のスタンダードとなっているだけに、保険適用もできるという非常に大きなアドバンテージも有しています。確実にわきがを治したいという人にはお勧めの手法といえるでしょう。

 

スポンサード リンク

医師のテクニックが要求される剪除法関連エントリー

わきがの根本治療ならやっぱり手術?
わきがの根本治療ならやはり手術を選択するべきでしょう。最近では技術の進歩により、傷口が目立たず、痛みや副作用が少ない方法が開発されるようになりました。
次に登場した皮下組織削除法
皮下組織削除法では、アポクリン汗腺だけでなく、エクリン汗腺や皮脂腺を除去することができます。ただし、手術痕が黒ずんでしまうという欠点もあります。
脂肪吸引技術から派生した皮下組織吸引法
わきがの手術法である「皮下組織吸引法」は、切除範囲が小さく、傷跡がほとんど残らないというメリットがあります。回復も早く、入院の必要もありません。
高い効果が期待できるレーザーサクション法
レーザーを使用したわきが手術法が人気です。回復が早く、傷跡がほとんど残りません。その反面、手術費用がやや高く、導入している医院も多くはありません。
汗腺にだけダメージを与える超音波法
最新のわきが治療として人気があるのが超音波法です。超音波は汗腺やアポクリン腺にのみダメージを与えて、周辺組織にはダメージを残しにくいメリットがあります。
確実性が高いハイブリッドシェーバー法
傷跡が非常に小さく、術後の回復が早い手術がハイブリッドシェーバー法です。再発や術後の合併症の心配もないので、注目されています。