スポンサード リンク



手術を選択すべきか?

わきがの原因は様々な要因が重なりあって存在していますが、その中でも一番大きいのが脇の下のアポクリン腺の存在です。理屈上、アポクリン腺があっても即わきがになるわけではありませんが、アポクリン腺がなければそもそもリスクがありません。

 

ですので、色々なわきが対策がある中で、最も確実に効果があるのが手術によって物理的にアポクリン腺を除去してしまう方法です。わきがの原因となるアポクリン腺が無くなるわけですから、確実に改善が見られますし、かつ再発の危険性も限りなく低い根本治療といって良いでしょう。

 

ただ、手術というだけに、わきが以外の部分でのリスクや大掛かりになってしまうことがデメリットだとはいえます。また、汗腺をすべて除去しても、その後に汗腺細胞が再生してしまって、新たなわきがや多汗症を生み出してしまったという例も少なくありません。

 

美容外科の技術革新によりデメリットがなくなった?

誰もが痛みが少なく、副作用や後遺症がない、安全な手術を望んでいるでしょう。昔はどうしても傷口が目だったり、復帰までに時間がかかってしまったのがネックでした。

 

ところが最近では、美容外科の技術の進歩により、手術のデメリットもかなり解消されるようになっています。具体的な手術の方法としては、次の通りです。

  • 剪除法・・・スタンダードな皮膚切開の上でアポクリン腺を周辺皮膚ごと切り取る方法
  • 皮下組織削除・・・目立たないように切開した箇所から専用器具で皮膚の裏側から削り取る方法
  • 皮下組織吸引法・・・同じく目立たないように切開した箇所からアポクリン腺を含む組織を吸引して除去してしまう方法
  • レーザーサクション法・・・小さな切開箇所からまずレーザー照射装置を挿入してアポクリン腺などを焼灼、そののちに組織を吸引する方法
  • 超音波法・・・アポクリン腺を含む汗腺組織を超音波メスで破壊して吸引する方法

この他には、皮膚表面から薬品や電気刺激で汗腺を機能停止させる電気凝固法などがあります。
それぞれの手法に一長一短があるため、自分の状況と希望に合わせて慎重に取捨選択を行うべきでしょう。

 

スポンサード リンク

わきがの根本治療ならやっぱり手術?関連エントリー

医師のテクニックが要求される剪除法
剪除法はアポクリン腺を目視しながら、メスで切除していく手術です。医師の技術によって、傷口の残り方に大きな違いがあります。時間もかかってしまうのが欠点です。
次に登場した皮下組織削除法
皮下組織削除法では、アポクリン汗腺だけでなく、エクリン汗腺や皮脂腺を除去することができます。ただし、手術痕が黒ずんでしまうという欠点もあります。
脂肪吸引技術から派生した皮下組織吸引法
わきがの手術法である「皮下組織吸引法」は、切除範囲が小さく、傷跡がほとんど残らないというメリットがあります。回復も早く、入院の必要もありません。
高い効果が期待できるレーザーサクション法
レーザーを使用したわきが手術法が人気です。回復が早く、傷跡がほとんど残りません。その反面、手術費用がやや高く、導入している医院も多くはありません。
汗腺にだけダメージを与える超音波法
最新のわきが治療として人気があるのが超音波法です。超音波は汗腺やアポクリン腺にのみダメージを与えて、周辺組織にはダメージを残しにくいメリットがあります。
確実性が高いハイブリッドシェーバー法
傷跡が非常に小さく、術後の回復が早い手術がハイブリッドシェーバー法です。再発や術後の合併症の心配もないので、注目されています。