スポンサード リンク



手術で治療する記事一覧

わきがの原因は様々な要因が重なりあって存在していますが、その中でも一番大きいのが脇の下のアポクリン腺の存在です。理屈上、アポクリン腺があっても即わきがになるわけではありませんが、アポクリン腺がなければそもそもリスクがありません。ですので、色々なわきが対策がある中で、最も確実に効果があるのが手術によっ...

わきが治療手術のうち、最も確実に効果が期待できる反面、最もダメージが大きくなりやすいのが剪除法です。手法としては脇の中央をシワにそって5センチほど切開、皮膚を裏返してアポクリン腺を目視確認しながらメスやはさみで切除していくというものになります。皮膚を切り開いて直接確認しながら切除を行いますので、アポ...

剪除法の次に登場したのが、皮下組織削除法という手術法です。手法としては脇の下に何箇所か1〜4センチほどの切開を行い、そこから専用器具を挿入して周辺皮下組織を削り取ることでアポクリン腺と汗腺を除去する手法です。専用器具はローラーとカミソリがセットになったハサミのような形状の器具であり、皮膚表面をローラ...

皮下組織吸引法は、皮膚や周辺組織へのダメージを抑えつつ、わきが治療を行う手法として用いられている手術法の一つです。美容外科クリニックで採用されています。手法としては、脇の下に数ミリの穴を開け、そこから吸引管を挿入、皮下組織ごとアポクリン腺やエクリン腺を吸引除去しようという手法です。元々は脂肪吸引の手...

レーザーサクション法は皮下組織吸引法をベースとして登場した手法で、皮下組織吸引法の欠点であった効果の不確実さを改善させた手法となります。内容としては、脇の下に数ミリ〜1センチ程度の挿入口を切開し、そこからまずレーザー照射装置を挿入してアポクリン腺と周辺組織をレーザー照射にて焼灼します。そうやって破壊...

超音波法とは、わきが治療手術の手法の一つであり、簡単に言えば超音波メスと吸引手術を組み合わせたものとなります。具体的な手順としては、脇の一部を挿入口として数ミリから1センチ程度切開し、そこから超音波を発生させるプローブを挿入し、皮下組織のアポクリン腺周辺に潜り込ませます。そこで超音波による振動を与え...

現在、確実性の高いわきが治療として注目されているのがハイブリッドシェーバー法です。ハイブリッドシェーバー法は、わきの下を局所麻酔をしてから5ミリほど切開し、特殊な管を挿入します。管内のカッターが汗腺を切除するの と同時に吸引するという手法で、まんべんなくアポクリン汗腺を粉砕、除去していきます。最大の...