スポンサード リンク



細菌の繁殖元となる汗や垢を洗い流そう

わきが,対処療法,わきがケア,清潔

わきがにかぎらず体臭対策全般の基本となるのが「体を清潔に保つ」という事です。人間の分泌物のうち、そのもの自体が直接臭いを出すというものは意外と少なく、大半が細菌類の分解を受けることで悪臭物質に変わるものです。

 

また、仮に臭いを持っている物質も、大体はフェロモン的な役割から必要な臭いであり、悪臭に変わるのは細菌の作用を受けてからです。

 

このことから、体の各所を清潔に保っておけばいわゆる悪臭を大幅に抑えることができるわけです。
また、適切な頻度で汗を流したりすることで、そうした細菌の繁殖元となるような汗や垢、その他付着物を洗い流すことができますので、除菌と抗菌の両方の効果が得られます。

 

仮に市販の除菌スプレー・抗菌剤などを使用するにしても、そうやって細菌繁殖の元を減らしてから使用するのがより効果的でしょう。

 

洗いすぎには注意!

なお、体を清潔に保つといっても、神経質なまでに殺菌・除菌を行うと、逆にわきがや体臭を増すことになる場合があります。これは、皮膚には益にも害にもならない「皮膚常在菌」という細菌類が常に生息しているのですが、これらはより害のある細菌類が住み着くのを防いでいるという側面もあります。

 

執拗に洗浄を繰り返したり、過度の滅菌・殺菌を行なってしまうと、常在菌が大量に死んだ空間に厄介な有害細菌が入り込む危険性があります。そうなると皮膚表面の衛生状況は悪化するのです。

 

また、皮膚自身も極端に洗浄されてしまうと防衛反応として強く皮脂などを分泌してしまい、結果として洗う前より皮膚が汚れるという状況を招くことがあります。何事も「適切」という度合いを守ることが重要です。

 

スポンサード リンク

体を清潔に保って体臭対策関連エントリー

デオドラント用品(制汗剤・殺菌剤・消臭剤)でわきがケア
現在では制汗剤・殺菌剤・消臭剤などのデオドラント用品が販売されています。軽いわきがの方や、運動の後に使用するには効果があります。
食生活の改善でわきが臭をなくす
欧米型の食生活を続けている人は、わきが体質を強めてしまいます。砂糖や脂質が多いお菓子をたくさん食べる人も要注意です。食事のコントロールをしましょう。
汗をかかないための水分補給の制限は危険
わきがのため汗をかかないように水分を控えようと考える人がいますが、これは効果がありません。水分が減ると粘性の高い濃い汗が出て、わきの下の衛生環境が悪化してしまいます。
わき毛を処理するとにおいが軽減
日頃からわき毛の処理をしておくと、においは軽減されます。男性はわき毛のお手入れをしていない人が多いようです。エステなどを利用してみましょう。
ストレスを溜めない生活を送ろう
精神的なストレスが強まると、わきがが強烈になるという報告もあります。体質も多汗症と似たようなものになる危険性があるので、ストレス対策を心がけましょう。