スポンサード リンク



デオドラント製品の特徴を知っておこう

わきが,対処療法,ケア,デオドラント

わきがを抑える方法として、日常生活の中で便利なのが各種市販のデオドラント用品の活用です。

 

世間ではデオドラント用品と一括りになっていますが、実際にはその役割から3つのパターンにわかれます。

 

1つは発汗そのものを抑える「制汗剤」、もうひとつは雑菌の繁殖を抑える「殺菌剤・抗菌剤」、最後が発生した匂い物質を除去・分解する「消臭剤」です。

 

実際にはこの3つが組み合わさって一つの製品になっていることが多いのですが、その場合でもそれぞれの製品ごとに重点を置いている部分、得意な部分というのがありますので、自分の状況に合わせて最適なものを選ぶのが賢い使い方だと言えます。

 

わきがの材料となるのがアポクリン腺とエクリン腺から出る「汗」です。まずはこれを出させないことでわきがを抑えるのが制汗剤です。その仕組上、汗が出てから使用したのではいささか遅く、出来ればこれから汗をかきそうだ、かきはじめているというタイミングで使用するのが適切でしょう。

 

成分としては汗を吸収する「酸化チタン」や汗腺を引き締める「ミョウバン」「アルミニウム」などがあります。最近では塩化アルミニウムが人気ですが、こちらはかゆみやかぶれなども報告されており、皮膚が弱い方は注意しておきましょう。

 

汗に含まれる有機物を分解して悪臭を発生させるのが雑菌ですが、その雑菌の繁殖を抑えることでわきがを抑えるのが「殺菌剤・抗菌剤」です。皮膚常在菌や雑菌は常に存在していますので、特にどのタイミングでと言うことはありませんが、悪臭が発生する前のほうが効果的ではあるでしょう。

 

成分としては体に害がなく抗菌作用を有する「カテキン」や「銀イオン」がよく用いられます。効果が持続するのは半日から1日程度ですので覚えておきましょう。

 

最後が悪臭成分そのものを分解する「消臭剤」で、実際に悪臭が気になってから使用すると効果的です。消臭剤には、においを中和させるタイプや、芳香剤のように強い香水のようなタイプがあります。

 

スポンサード リンク

デオドラント用品(制汗剤・殺菌剤・消臭剤)でわきがケア関連エントリー

食生活の改善でわきが臭をなくす
欧米型の食生活を続けている人は、わきが体質を強めてしまいます。砂糖や脂質が多いお菓子をたくさん食べる人も要注意です。食事のコントロールをしましょう。
体を清潔に保って体臭対策
わきがなどの体臭対策の基本は、体を清潔にすることです。湯船やシャワーで、細菌の繁殖元になる汗や垢を洗い流しましょう。ただし、神経質になって洗いすぎには注意です。
汗をかかないための水分補給の制限は危険
わきがのため汗をかかないように水分を控えようと考える人がいますが、これは効果がありません。水分が減ると粘性の高い濃い汗が出て、わきの下の衛生環境が悪化してしまいます。
わき毛を処理するとにおいが軽減
日頃からわき毛の処理をしておくと、においは軽減されます。男性はわき毛のお手入れをしていない人が多いようです。エステなどを利用してみましょう。
ストレスを溜めない生活を送ろう
精神的なストレスが強まると、わきがが強烈になるという報告もあります。体質も多汗症と似たようなものになる危険性があるので、ストレス対策を心がけましょう。