スポンサード リンク



食事のたびに大量に汗をかいてしまう

わきが,味覚多汗症,治療法,精神

味覚性多汗症とは局所多汗症の一種であり、食事で何らかの刺激物を食べた時などに非常に多くの発汗が起きる状態を指しています。

 

具体的に言えば、カレーなどを食べた時に周囲が驚くほど汗だくになっている人は、この味覚性多汗症に入るでしょう。

 

味覚性多汗症はその他の局所多汗症とは異なり、明確に疾患であるとは言いがたい症状です。
辛いものや酸っぱいものを食べた時に汗をかくのは人間の生理反応として当然のことであり、その発汗量が並外れて多いとしても「刺激物の摂取」という限定されたきっかけによって引き起こされる現象です。

 

したがって、他の多汗症に比べてコントロールがしやすい、食事中という状況的に困った事態になりにくいといった特徴を持っています。

 

とは言え、あまりに汗をかく姿を見て友人知人に変に思われるのではないかという心配がプレッシャーになって、対人関係に問題をもたらすことは十分にありえます。

メンタルな部分も大きく影響している

また、この味覚性多汗症は「食べると汗をかいてしまう」という不安感、恐怖心が発汗を更に増加させるという面もあります。これにより、負のフィードバックが起きてそれが積み重なると、多汗症が重症化、辛いもの以外の何を食べても大量の発汗が起きるといった状況にまでなります。

 

この味覚性多汗症は、その他の多汗症に比べても精神的な影響の大きい多汗症だと考えられています。ですので、主な対策は食事時の汗を「気にしない」というストレス軽減、悪循環の断ち切りとなります。

 

治療の際は、発汗を抑えるための外科的治療のほか、心療内科などと連携してメンタルのケアも行う必要があります。

 

スポンサード リンク

味覚性多汗症 - 味覚刺激によって大量に汗をかく関連エントリー

多汗症とはどのようなもの?
大量の発汗がみられる多汗症は、対人恐怖の原因にもなることがあります。中高年の多汗症は、他の病気が原因で引き起こされている場合もあるので、検査を受けましょう。
全身性多汗症 - 体じゅうから大量の汗をかく疾患
全身性多汗症は、全身から大量の汗をかいてしまう疾患です。発症の主な原因は、自律神経の失調や更年期障害などによるホルモンバランスの崩れがあります。原因となっている病気を治療しましょう。
手掌多汗症 - 手のひらが汗びっしょりになる
それほど緊張していなくても、手のひらに滴り落ちるほどの汗をかく「手掌多汗症」。詳しい原因は分かっていませんが、手術で治療することはできるようになっています。
足蹠多汗症 - 靴の中に汗が溜まり悪臭の原因にも
足の裏に大量に汗をかく「足蹠多汗症」は、不快感のみならず臭いも気になります。強いコンプレックスになりやすいので、早めに専門医のカウンセリングを受けましょう。
異常な発汗がある場合は専門医に相談する
自覚症状として異常な発汗を認識している場合は、できるだけ早く専門医の受診を受けましょう。糖尿病や心臓疾患、高血圧などの病気の影響もありますので、早期発見につながります。