スポンサード リンク



手のひらに滴り落ちるほどの汗をかいてしまう

手掌多汗症,原因,治療法,対策

「手掌(しゅしょう)多汗症」とは局所多汗症の一種で、手のひらに特に多くの汗をかくタイプの多汗症です。

 

人間の手のひらはもともと汗をかきやすい箇所であり、体温調節のために常にある程度の汗を発汗しています。

 

また、神経的なストレスや興奮の影響で発汗が大きく増加する場所でもあり、「手に汗握る」といった慣用句があることからもそれが伺えます。

 

しかし、多汗症となると話が違い、緊張していないリラックスした状態でも、手のひらから滴り落ちるほどの大量の汗をかいてしまいます。その発汗量は凄まじく、人によっては「本や教科書が濡れてしまう」「頻繁に手がすべる」「人と握手ができない」として大いに悩んでいます。

 

しかし一方で、一般的な認識では単なる汗かきとの区別があまりされておらず、本人の感じている不便さと不快感、辛さと周りの認識に大きな開きができやすい症状でもあります。

 

「恋人ができたら、手をつないでいっしょに歩きたい」と思っていても、手掌多汗症のせいで嫌われるのが怖くて、手を差し出すのが怖いといった話はよくあります。

手術で汗を止めることは可能

手掌多汗症の詳しい原因は分かっていませんが、直接的な原因として発汗を調整する自律神経が何らかの失調を起こしているのは間違い無いとされています。

 

治療法としては心理療法や神経療法、薬物療法の他、手術にて交感神経を遮断する治療法などが用いられてきましたが、前者ははっきりとした効果が出にくく、手術は大掛かりにならざるをえないという欠点がありました。

 

近年は脇から内視鏡で交感神経遮断手術を行う技術が出てきており、比較的手軽に手掌多汗症を止めることができるようになっています。

 

なお、軽く湿っている程度なのに、本人がひどく気にしてしまっているケースもあります。本格的に治療を考える前に、まずは専門医のカウンセリングを受けましょう。

 

スポンサード リンク

手掌多汗症 - 手のひらが汗びっしょりになる関連エントリー

多汗症とはどのようなもの?
大量の発汗がみられる多汗症は、対人恐怖の原因にもなることがあります。中高年の多汗症は、他の病気が原因で引き起こされている場合もあるので、検査を受けましょう。
全身性多汗症 - 体じゅうから大量の汗をかく疾患
全身性多汗症は、全身から大量の汗をかいてしまう疾患です。発症の主な原因は、自律神経の失調や更年期障害などによるホルモンバランスの崩れがあります。原因となっている病気を治療しましょう。
足蹠多汗症 - 靴の中に汗が溜まり悪臭の原因にも
足の裏に大量に汗をかく「足蹠多汗症」は、不快感のみならず臭いも気になります。強いコンプレックスになりやすいので、早めに専門医のカウンセリングを受けましょう。
味覚性多汗症 - 味覚刺激によって大量に汗をかく
普段の食事で大量の汗をかいてしまう味覚多汗症は、精神的な影響もかなりあるとされています。心因的なものが大きく関係しているので、心療内科などと連携して治療を行います。
異常な発汗がある場合は専門医に相談する
自覚症状として異常な発汗を認識している場合は、できるだけ早く専門医の受診を受けましょう。糖尿病や心臓疾患、高血圧などの病気の影響もありますので、早期発見につながります。