スポンサード リンク



全身くまなく発汗する疾患

自律神経の失調により、本来の適正量よりはるかに多くの汗をかいてしまう「多汗症」。その中で、全身にわたって発汗が見られるのが「全身性多汗症」です。

 

この全身性多汗症の特徴は、胸や背中、お腹、お尻など「全身くまなく発汗する」ことであり、更に言うならば「普通はそんなに発汗しないようなところまで汗が出る」という点です。

 

人間の全身の皮膚には毛穴と汗腺が備えられていますが、場所によって密度が違いますし、また日常的に発汗しやすい箇所としにくい箇所というものがあります。例えば、頭皮などはもともとかなり発汗しやすい場所ですが、それに比べればお腹の真ん中などはぐっと発汗量が少なくなります。

 

こうした箇所は基本的に、気温が上がった際の冷却用として汗をかくのですが、全身性多汗症の場合そうした外的要因なしに神経的な刺激で全身たっぷり汗をかいてしまうような状態を指しています。

 

緊張で体が局部的に強く発汗することはありますが、それが全身に及ぶ辺りにこの症状の特徴があるといえるでしょう。

原因となっている病気を治療しよう

全身性多汗症には大体の場合、その原因となった別の症状が潜んでいます。まずは自律神経失調症で、ストレス性にせよホルモンバランスの崩れにせよ、何らかのかたちで自律神経が失調している状況でよくこの全身性多汗症が発生します。

 

また、神経系にダメージを与えやすい疾患として真性糖尿病、痛風なども原因疾患として警戒すべきものです。その他では、急性リウマチ、婦人病、更年期障害のホルモンバランスの崩れも全身多汗症の引き金となります。

 

このため、全身多汗症を治すためには、まずその原因となっている疾病を治療することから始めなければなりません。それぞれの専門医に診てもらいましょう。

 

スポンサード リンク

全身性多汗症 - 体じゅうから大量の汗をかく疾患関連エントリー

多汗症とはどのようなもの?
大量の発汗がみられる多汗症は、対人恐怖の原因にもなることがあります。中高年の多汗症は、他の病気が原因で引き起こされている場合もあるので、検査を受けましょう。
手掌多汗症 - 手のひらが汗びっしょりになる
それほど緊張していなくても、手のひらに滴り落ちるほどの汗をかく「手掌多汗症」。詳しい原因は分かっていませんが、手術で治療することはできるようになっています。
足蹠多汗症 - 靴の中に汗が溜まり悪臭の原因にも
足の裏に大量に汗をかく「足蹠多汗症」は、不快感のみならず臭いも気になります。強いコンプレックスになりやすいので、早めに専門医のカウンセリングを受けましょう。
味覚性多汗症 - 味覚刺激によって大量に汗をかく
普段の食事で大量の汗をかいてしまう味覚多汗症は、精神的な影響もかなりあるとされています。心因的なものが大きく関係しているので、心療内科などと連携して治療を行います。
異常な発汗がある場合は専門医に相談する
自覚症状として異常な発汗を認識している場合は、できるだけ早く専門医の受診を受けましょう。糖尿病や心臓疾患、高血圧などの病気の影響もありますので、早期発見につながります。