スポンサード リンク



皮膚表面の雑菌が汗を分解することで腐敗臭が発生

わきがの原因となる物質そのものは、脇の下に存在している「アポクリン腺」の分泌物です。
ただし、このアポクリン腺分泌物そのものは無臭であり、実際に悪臭として感じられるのはこの分泌物が汗と混じり合った上で、雑菌が繁殖することにより発生する物質の方であったりします。

 

アポクリン腺は毛穴の奥から繋がっており、途中に皮脂腺も存在しているため、分泌される汗は糖分、脂質、タンパク質、鉄分、アンモニア、ピルビン酸など各種複雑な生化学物質が含まれた粘り気の強い汗となります。

 

もう片方の汗腺すなわちエクリン腺から分泌される汗は、水分が殆どでその他も塩分などの比較的さらっとした汗なのです。

 

このように複雑な成分を含んだ汗は雑菌の繁殖に働きかけ、特にタンパク質やアンモニアが含まれているのが非常に困った事態を引き起こします。

 

タンパク質やアミノ酸は雑菌による分解を受けるとインドール、メルカプタン、硫化水素などの強力な悪臭物質が発生するのですが、これがアポクリン腺の分泌液によって脇の下でも引き起こされ、なんとも言えない強い臭いを放つこととなります。

 

実際にどのような臭いがするかは、この時どのような細菌が主に分解を行ったかによって変わってきますので、わきがといっても人によって臭いが大きく変わってくるわけです。

 

エクリン腺の汗は、それ単体であれば多少汗臭い程度の臭いにしかならないのですが、脇の下でアポクリン腺の分泌と混ざると、雑菌繁殖に適した水分環境を長く維持させる材料となってしまいます。

 

ただし、皮膚の常在菌には善玉菌も多く含まれており、異物の分解や有害な雑菌を捕食してくれたりしますので、肌を守るために必要な存在です。

 

スポンサード リンク

わきがの嫌なニオイの原因は何?関連エントリー

わきがの男女比 女性が7割を占める
わきがの男女比は、女性が約7割を占めると言われています。実際には男性にも多いのですが、診療を受けるのはほとんど女性で、女性は身だしなみに気をつかうことが影響しています。
自分でできるわきがチェック
自分がわきがかどうかをチェックするには、アポクリン腺の分泌の強さを調べてみましょう。耳垢の湿り具合と、両親からの遺伝が深く関わっています。
本人が気づきにくい「すそわきが」とは?
陰部がわきがのように臭うというのが「すそわきが」です。本人が自覚症状に乏しいことや、恥ずかしくて治療に踏みきれないことがやっかいです。1人で悩まずにカウンセリングを受けましょう。